弊社はWinActorの代理店です

WinActor|RPA&BPO業務支援

弊社はWinActorの代理店です

WinActorの導入、シナリオ作成、教育、運用支援をいたします。
シナリオ作成は、簡単にできるようになっていますが、結局面倒なものです。そのシナリオ作成なども一括してお引き受けします。また、弊社からご購入いただければ、
費用は月額¥2万〜です。

サービス概要|何が実現できるのか?

システムを利用した定型業務を代行するRPA|ロボティック・プロセス・オートメーションのニュースが多く、関心が高まっています。

医薬、製薬、医療機器、動物薬品、健康食品、医療用食品、食品業界関連の業務(研究、開発、生産、品質管理、品質保証、物流、営業、安全性)の中には繰り返し作業を実施するような調査、研究、報告作業も数多くあり、これら業務全般で利用できるため、大きな期待が寄せられています。この取組によって、人間の活動はより価値を生み出す業務へと振り向けられることが可能になります。RPAのWinActorは上記で述べたように、繰り返しが多く、その処理量が膨大で、時間のかかる業務に、その効果が最大限に発揮されます。昼夜を問わない稼働や作業のスピードアップ、エラー低減による品質向上が見込めますので、これからの企業活動としては導入は必須といえます。

ただし、厚生労働省が管轄してる業界(医薬製薬、医療機器、健康食品、化粧品、食品など)では、利用するシステムも厚生労働省の「医薬品・医薬部外品製造販売業者等におけるコンピュータ化システム適正管理ガイドライン」の元に導入、維持運用されていることが要求されます。RPA導入、維持運用保守のバリデーション(CSV)計画、要求定義書(URS)の御提案から設計・開発・検証(DQ、IQ、OQ、PQ)、CSV運用に至るまで、お客様のビジネスを総合的なソリューションを提供いたします。

弊社はWinActorの代理店です

WinActorの特長

Windows端末上で人間が操作するほとんどのことが自動実行できるソフトウェアです。

人間の操作を、記憶して、学習し、自動実行する機能を搭載しています。利用できるアプリケーションに制限はなく、EDGE、Chome,Firefoxなどのブラウザ、MICROSOFT EXCEL、WORDなどのOFFICE製品、またお客様の会社のオリジナルシステムの業務も自動化、連携することが可能です。自動化のフォローの作成も容易で、プログラミングの知識は不要、情報システム部のようなIT部門でないユーザでも簡単に自動化が可能です。また、弊社ではフローの作成、維持運用保守も安価なコストでお引受けしております。

始めた会社様から、即に効果が出て、業務効率化、業務改善などいままで課題であったことがウソのようになります。是非。本来の業務や新規ビジネスに専念する環境づくりのお手伝いをさせてください。

RPA技術とBPOを組合せて、PAO|Process Automation Outsourcing|プロセス自動化アウトソーシングを実現し、ユーザー支援を実現します。WinActorはNTT-ATで開発された日本製で日本語の親和性がよい、販売実績NO.1のRPAです。

どのように実現するのか?

弊社はWinActorの代理店です

導入期間が短いプロトタイプ方式で導入いたします。最短、2週間でのご利用開始が可能です。

  1. 適用業務選定
    ご面談でRPA WinActorの適用業務を決めます。ポイントは簡単な業務からまず初めて見ることです。また、単純作業、繰り返し、待ち時間が多いなど、いくつかものポイントから、最初の適用業務を決定します。
  2. プロトタイピング
    弊社でRPA WinActorのプロトタイプ(試行版)のフローを作成してご提供します。御社の中でテストを実施いただきます。
  3. 品質・効率化効果確認
    プロトタイプで実施した結果、その業務が手作業に比べてどれ位効率的だったかを測定し、いろいろな業務を自動化していく結果、どのタイミングで費用対効果が出るのかをレポート提出いたします。
  4. 業務手順
    効果を確認いただいた結果、導入が決まれば、RPA WinActorを導入した場合の業務の変更点についてまとめ、各関係者にRPAを導入の説明を実施して、また、RPAの操作方法などの教育訓練を行います。
  5. 本番稼働
    本番稼働に関しては、当日弊社から重点的なサポート体制をご提供しますので、安心してRPA WinActor業務をご利用いただけます。
  6. 適用業務拡大
    本格導入後、順次の適用業務拡大の中で検討を進めてまいります。

医薬、製薬のGxP業務の場合、どのように実現するのか?

検討手法として、リスクマネジメント *1 を活用しながら導入いたします。

まずは、CSVを実施しなくてもよい業務運用を検討します。その結果、やはりGxP業務としてCSVが必要だと判断された場合は、弊社コンサルタントがお客様のCSVをサポートさせていただきます。

*1 リスクマネジメントは、ICH-Q9 品質リスクマネジメントに準拠して行います。

RPA WinActorの具体的業務のフロー(ロボット)提供、構築事例紹介

医薬、製薬、医療機器などのお客様用にRPA WinActorでシナリオで開発しています。このフローは無償で皆様のご提供する予定です。もし、ご入用の会社様にはご要望等、早いタイミングでいただけましたら、その内容を盛り込むようにいたします。

シナリオ1 安全性情報収集
  1. 厚生労働省、FDA、MHRAなど諸官庁から発信される安全性情報などのインターネットから取得する
  2. EXCEL資料として保存する
  3. 活動内容を監査証跡として保存する

DEMO動画

シナリオ2 実消化エラーデータの修復
  1. 実消化データの中で、施設エラーになったデータを取得する。
  2. 実消化データから、施設検索できるキーワードを抽出
  3. キーワードでインターネット検索
  4. 検索できた施設情報の中から最適なものを選択
  5. 施設情報を登録、実消化データのエラーを解消
  6. 活動内容を監査証跡として保存する

DEMO動画

シナリオ3 JDNETの情報取得

  1. JD-NETにログイン
  2. お客様が必要とする卸様からの情報を取得
    14 受発注データ
    15 品切れデータ
    24 納品案内データ
    25 仕切書データ
    26 価格連絡データ
    44 卸販売データ
    45 生物由来製品卸販売データ
    46 卸在庫データ
    47 卸社内転送データ
    50 商品コード連絡
    60 納品先追加変更情報
    61 納品先変更情報(担当者変更等)
    90 その他データ
    納入先マスタ等伝達サービス|任意フォーマット
  3. EXCEL資料として保存する
  4. 活動内容を監査証跡として保存する

DEMO動画

シナリオ4 MR活動情報の収集

  1. 各製薬会社から発表されている透明性ガイドラインの明細を取得する
  2. EXCEL資料として保存する
  3. 活動内容を監査証跡として保存する

DEMO動画

お困りではありませんか?

運用保守で人手がかかりすぎている
運用で手一杯、企画などができない
RPAを利用した運用自動化の要員がいない
RPAや運用ツールの導入・利用コストが高い

解決策があります。

WinActorなら、

運用保守の業務を自動化できます。
運用自動化の設定まで弊社からお届けします。
利用料はたったの月額¥8万です。

WinActorはNTT-ATの登録商標です。
WinActorのサイトはこちら