JD-NET NHIネット データ送受信|EDIサービスのご提供

JD-NET NHIネット データ送受信|EDI

JD-NET、NHIネットとデータ送受信を行い、医薬|製薬卸・デポ・組織、代理店、施設のコード変換を実施します。実消化エラーデータは暫定施設コードへの変換して、日々のMRの実績確認に影響ないようにします。また、変換エラーデータは画面から修正が可能、アルトマークマスターがあれば、簡単に施設を検索から情報の紐付けが行えます。
EDI+受注出荷+実消化合わせて使っても、初期費用なしの月額¥10万。

JD-NET NHIネット データ送受信|EDI関連図

特徴

インターネットを経由して、医薬品業界データ交換システム(JD-NETシステム)とNHIとEDI接続を行い、受注・実消化データなど様々なデータの送受信行います。送受信データの自社コードと卸コードの変換、エラーデータの修正機能の兼ね備えており、アルトマーク|Ultmarcのマスターの自動受信も可能です。基本的にはSaaSでのご提供をしており、その環境はAWS|アマゾン ウェブ サービスを利用しており、非常にセキュアで、堅牢なセキュリティを誇ります。ISDNを利用していませんので、2024年のISDN廃止に関してもご心配がいりません。

新機能予定

医薬製薬、医療機器、医療用食品、健康食品、医療用消費材の卸、代理店様用の機能実装予定

JD-NET|注文書送信
JD-NET|仕切書受信

機能

■標準

  • JD-NET、NHIなどのEDIとの接続
    接続時刻、接続回数はご指定いただけます
  • アルトマークデータ|Ultmarcの自動受信、取り込み
    DCF(Doctor Computer File)施設系
    DSF(Drug Store File)薬局・薬店ファイル
    DNF(Dentist Computer File)歯科施設ファイル/歯科医師ファイル
    ECF(Else Computer File)その他施設ファイル
  • 受注・実消化データなど様々なデータの送受信
  • 送受信データの自社コードと卸コードの変換
  • エラーデータの修正機能
  • BI(Amazon QuickSight)とDWH(Amazon RedShift)連携

■オプション

  • 他システムへの連携機能
  • 実消化データの洗替機能
  • 調剤薬局から処方施設変換機能
  • 2次卸データのクリア機能
  • BPO|ビジネス・プロセス・アウトソーシングをお引き受けします
    卸組織エラー、施設エラーなどの実消化エラーデータの修正作業
    卸組織マスター更新作業
    施設マスター更新作業
    自社の施設CDと卸の施設CDをの紐づけ作業
EDIとの送受信を夜間に自動処理して手作業の廃止
JD-NETから、受注データの受信、仕切書データの送信を自動で行います。1日何回でも、ご指定の時刻に送受信できます。処理時間 は約10,000件/1回で5〜10分です。データ通信処理中も検索画面などのその他の機能は利用可能です。
医薬|製薬卸のコードから自社コードに変換

EDI(JD-NET、NHIネット)からの受信データは卸会社特有のコードになっています。そのコードを御社用コードに自動変換します。また、御社から送信する場合は、その反対に御社用コードから卸会社用コードに変換します。卸会社毎にデータの変換方法は異なりますが、変換規則をマスター登録するだけですので、簡単に利用開始できます。

卸コード体系   御社コード体系
 卸コード    卸会社コード
 卸サブコード+卸デポコード →   卸組織+卸デポコード
 統一商品コード    品目コード
 取引区分 ←   取引区分(金額+―)
 納入先コード    施設コード
終了するISDNを利用しないから将来も安心

通常の製薬業界のEDIソリューションでは、その通信手段としてNTTのISDNを利用していますが、そのサービスは2024年に終了します。弊社のEzEDIは、ISDNを利用していませんので、将来に渡っても安心です。また」、将来的には食品業界などのさまざまなインターネットEDIにも対応してまいります。

御利用いただいていいるお客様

ゲルベ・ジャパン株式会社様|サイト
セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン株式会社様|サイト
太虎精堂製薬株式会社様|サイト
太陽ファルマ株式会社様|サイト
株式会社タウンズ様|サイト
株式会社ビルバック・ジャパン様|サイト

その他
(アイウエオ順)

JD-NET

識別 種別
14 受発注データ
15 品切れデータ
24 納品案内データ
25 仕切書データ
26 価格連絡データ
44 卸販売データ
45 生物由来製品卸販売データ
46 卸在庫データ
47 卸社内転送データ
50 商品コード連絡
60 納品先追加変更情報
61 納品先変更情報(担当者変更等)
90 その他データ

NHI

識別 種別
なし 卸販売データ
なし 生物由来製品卸販売データ

送受信自動処理(例)

時刻 処理
11:00 卸販売(実消化)受信
20:00 仕切書送信
23:00 受注受信
自由に回数、時間を設定できます。

関連ソリューション

参考情報

JD-NETとは

JD-NET(Japan Drug NETwork)は、日本製薬工業協会と日本卸業連合会が医薬品流通のデータ流通仕様統一を図るために規格したEDI(Electronic Data Interchange/電子データ交換)を利用するための医薬品業界標準のVANの名称です。製薬会社と医薬品卸などの、医薬品の受発注、在庫、価格情報などの商取引データを業界統一のデータフォーマットやコードによって交換できます。現在のVANはJDNET協議会(NTTデータ)が管理運営されています。

日本製薬公共協会サイトより http://www.jpma.or.jp/about/basis/guide/trade.html

業界標準マニュアル
卸・メーカー間における医薬品商取引に関する情報利用の業界標準

NHIとは

作成中