JUST.SFA設定方法 ルートカレンダーの巻

ルートカレンダーの設定方法をご紹介します。

ルートカレンダーは以下の登録が可能なパネルになります。
・予定の一括登録
・実績の一括登録
上記予定や実績が「訪問活動」でなくても、大丈夫です。

1.取引先の設定
  取引先は一覧の縦(列)に表示される内容です。
  設定画面はこちら

■参照先データテーブル
列に表示させたい内容が登録されているテーブルです。基本的には「取引先マスター」などのマスター関係になると思いますが、「お客様購入履歴」のようなトランザクションでも問題ありません。
■取引先コード
参照先データテーブルを設定するとその中も項目でこの取引先コードに設定可能なフィールド型を持ったフィールドが表示されます。

補足
このパネルは取引先を読み替えれば、いろいろな情報管理に活用できます。
例えば、設備にするとメンテナンス管理とかです。