JUST.SFA操作マニュアル④ ~CSVインポート編~

JUST.SFAで大量のデータをインポートするには、CSVインポートが便利です。
今回はCSVインポートの流れを紹介します。

ファイルを準備

インポートしたいテーブルの項目に合わせてファイルを準備します。

今回、このテーブルにデータをインポートするには、
「商談名」「顧客名」「担当者」「スケジュール」の4項目をファイルに用意する必要があります。
下記の2行のデータを用意し、インポートしてみましょう。

インポート設定

インポートしたいデータテーブルからインポートを行います。
下記のように、準備したファイルを読み込み、インポート対象の項目を設定します。

正しくインポート先のフィールドと、ファイルの項目が一致していることを確認してインポートを開始します。

正しくインポートされていることを確認します。

差分更新

CSVインポートでは、差分更新を行うこともできます。
キーフィールド(データが一意のフィールド)を選択し、インポートを行います。
キーフィールドが既に存在する場合は、「更新」
キーフィールドが存在しない場合は、「追加」の操作が行われます。

大量のデータを更新したいときに便利な機能ですね。