アルトマークについて

アルトマークとは

医療従事者・医療施設等の医療分野の情報としては、このアルトマークの情報が医薬・製薬業界のデファクトスタンダードになっています。

情報提供サービスは日本アルトマーク社が提供しており、昔は製薬企業などの情報共有場所として活動を行ってきましたが、事業がNTTに譲渡され、さらにM3に譲渡されて、活動、企業スタンスは変わりつつあります。

医療関連企業向けにメディカルデータベース(MDB)を提供しており、メディカルデータベースとは、全国の医療関連施設及び医師、薬剤師の基本情報をほぼ収録した医療データベースの1つです。

本情報の更新は、この活動に賛同する企業のMRからの情報で成り立っており、リアルタイムで情報更新が行われていると考えて問題ない。ただし、最近は卸企業が中心となって情報収集の活動も始まっており、最新の情報を入手するオプションを選択することが可能となっています。

アルトマークファイル

DCF(Doctor Computer File) 施設/医師ファイル

■DCF(Doctor Computer File) 施設系
全国の医療機関の施設名、住所、電話番号、病床数、診療科目、代表者などの基本情報が収録されている情報です。
・追加アイテムファイル
・都道府県医療機能情報ファイル
・医療圏ファイル

■DCF(Doctor Computer File) 医師ファイル
全国の医師の氏名、出身校、医師資格登録年、勤務先、所属部科、役職などの基本情報が収録されている情報です。
・学会専門医ファイル
・所属学会ファイル

■PCF(Pharmacist Computer File) 院内薬剤師ファイル
全国の病院に勤務する薬局長、薬剤師部長等の氏名、出身校、薬剤師資格登録年、勤務先、所属部科、役職などが収録されている情報です。

■DSF(Drug Store File) 薬局・薬店ファイル
全国の薬局・薬店の店舗名、住所、電話番号、代表者、チェーン店本部などの基本情報を収録しています。

■DNF(Dentist Computer File) 歯科施設ファイル/歯科医師ファイル
全国の歯科施設の施設名、住所、電話番号、診療科目及び全国の歯科医師の氏名、出身校、勤務先、所属部科、役職などが収録されている情報です。

■ECF(Else Computer File) その他施設ファイル
上記の医師施設マスター(DCF、DSF、DNF)に含まれない、医薬品等の納入先施設の施設名、住所、電話番号などが収録されている情報です。

アルトマークコード

従来、DCFコードは7桁ですが、複数ファイルを利用している企業では、このコードをユニーク性を保つ場合は以下の上2桁をつけて9桁で運用するのが一般的です。
 上2桁
 00 DCF施設ファイル
 03 DSF薬局薬店ファイル
 04 DNF歯科施設ファイル
 06 ECFその他ファイル

実消化システム for 医薬、製薬業界 EzEDI クラウド
EDI+受注出荷+実消化合わせて使っても、初期費用なしの月額¥10万円。