データの信頼性 Data Integrity

新聞紙上で、報道されている自動車メーカーや鉄鋼会社の話題を見て、企業コンプライアンスのあり方を考えさせられた方も多いかも知れません。後戻りは大変です。

医薬品・医療機器産業は、Regulated Industryと言われますが、データの扱いについて厳しい管理が求められている所はご存知かと思います。原点は、CGMPであり、品質システムと呼ばれる仕組みですが、2016年に米国FDAから“Data Integrity and Compliance With CGMP ” というドラフトガイダンスが発行されています。

すでに読まれた方も多いと思いますが、改めて読み直して頂き、自分たちの手順書にどう反映されているか、企業内の自主点検や内部監査などを通じて再確認し、そのようなことが起こらないような土壌を作っておく必要があります。何がオリジナルデータか、に始まり、そのデータを取るための条件の文書化、再試験、データの棄却などについて、しかるべき手順を設定しておかなければなりません。

昨年から今年にかけて、FDAから気になるWarning Letterが幾つか発行されています。それらは日本企業に対してのもので、データの信頼性にかかわる内容が記載されています。以前は、私もどちらかと言えば性善説の立場で、少々手順書に細かい所まで書いていなくとも、いいモノを作っているのだから問題ないだろう、誠意が通じればと思うこともありました。しかしながら、ビジネスのグローバル化が進んだ現在、国を跨りいろいろな人たちと協力し合い、きちんとコミュニケーションを成立させるためには、米国FDAの考えているところまで踏み込まないと解決できないなと感じています。

かなり昔の話ですが、FDA査察官の話を聞いたことがあります。データがすべてきれいにまとまっているはずはありません。うまくいかないこともあるのが自然で、Upfrontに見せてもらう方がありがたいですとの事。その時の事例に使ったのが、Process Validationの実施リストで、何度か失敗したロットが入っていても問題ないというものでした。日本人なら、いらない心配をしてもらっても・・・、と考える方も多いと思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

私は、査察時に全てのロットを提示したことがあります。結果は全く問題ありませんでした。もちろん査察官との信頼関係がベースになりますが、そのためにも、表題のデータの信頼性について、今一度振り返ってみてはいかがでしょうか?

医療機器の変更管理 

医療機器の変更管理に対するルールもかなり整備されています。
今日は、その動きをお話ししたいと思います。

そもそも、上市後、デザインや仕様の変更をするのが良いか、極力しないように開発時に作り込んでしまうのが良いか、いろいろ考え方はあると思いますが、現在米国FDAからは図のような変更管理に関るガイダンスが出ています。

昨年、発行されたソフトウェアの変更管理についても注視しておく必要があります。この説明は別の機会にするとして、なぜ自分たちの商品のデザインや仕様、製造方法などを変更するのか、変更するならば当局との約束に基づきどんな確認ごとが必要か、社内でしっかりと仕組みを作っておく必要があります。

この製品のここをもう少し良くしたい、他社の製品に比べて、この仕様を改良したい、という社内の要望や、市場からの意見・苦情・安全情報、あるいは当局の法規制が変わることによる対応など、変更に対するソースは多岐にわたります。
諸々の情報をインプットとして捉え、社内の手続きを経て、当局にも必要な連携を行い、市場に送り出すPDCAサイクルが、品質システムのエレメントの一つとして確立されていなければなりません。査察でも、CAPAと変更管理はセットでレビューされることが多いです。

会社の規模にもよりますが、年間数百あるいはそれ以上の変更を、コンプライアンスを守り、間違いなく行うこと、それは大変な作業です。ぜひ、トラッキングだけでもITの力を活用してください。その前にきちんとした変更処理のスキームを確立しておかねばなりませんが、海外の製造サイト、海外の販路とも絡む話ですので、このインフラがグローバルの舞台で活躍できる土台の一つになるのではないでしょうか。

Warning Letter(FDA)2017.8.25

欧州医薬局、FDAの査察結果で、不適合と判断された製造施設の情報を開示しています。現在、厚労省より求められています、供給者管理の参考資料として、活用いただければ幸甚です。

項目 GMP コンプライアンス 詳細 Import Alert
India 分類 医薬品

FDAはMahendra Chemicalsを査察しましたが、その際、重大なGMP違反;OOSの調査未了、保守・清掃に不備が観察され、2017/08/25付けで、FDAはImport Alert 66-40を発出しました。

■概要
製造所名:Mahendra Chemicals
住所  :B – 1 217 218 2 G I D C Estate , Ahmedabad, Gujarat INDI
HP   : http://www.mahendrachemicals.com/
対象製品:抗生物質医薬品

WLの改善が終了まで、US への輸出、FDAへの登録申請ができない。
Mahendra Chemicalsは、外国製造業者認定には、登録されています。

業者コード(法人部分) 業者コード(事業所部分) 認定・登録番号
730883 001 AG12300294

詳細は、FDA のURLを参照願います。https://www.accessdata.fda.gov/cms_ia/importalert_189.html