医薬|営業支援

MRによる医療施設|ドクター、卸|MSへの活動

MR|Medical Representativesは医薬・製薬企業の営業部門に所属し、医療機関を訪問することにより、自社の医療用医薬品の医薬品およびその関連情報をドクター、薬剤師、看護師に提供し、医薬品の適正使用と普及を図ります。
また、市販直後調査、品質情報|苦情の収集など、使用された医薬品の有効性情報や副作用などの安全性情報を医療施設、卸から収集することです。

概要

 

 

施設、卸の訪問|医薬情報提供

実消化情報から自社の製品の使用先を特定し、未使用の施設には利用を則し、使用している医療施設へはその継続的な利用を則すために、製品情報のさらなる提供を行います。

業務

医療施設の訪問計画立案
訪問活動の記録、報告
訪問施設情報|施設固有情報、実消化実績、営業施策の閲覧

関連システム

MRポータル
営業支援システム|SFA
顧客管理システム|CRM
外勤活動システム|
ビジネス・インテリジェンスシステム|BI
MR教育システム|E-learning
医療情報提供サイト|自社ホームページ
オンラインセミナーシステム|動画配信
透明性ガイドライン情報収集システム
透明性ガイドライン公開サイト

実消化情報の把握

概要

実消化は、卸から医療施設に販売した情報です。現在の医薬品のサプライチェーンでは卸からその情報が製薬上階のEDI|JD-NET、NHI-NET経由で有償でで提供されています。その情報を分析して、MRは次の行動計画を立案します。

業務

実消化|明細|集計情報の閲覧
実消化トレンド確認
新規納入施設の特定
未訪問、未回転施設の特定
調剤薬局から処方施設の特定

関連システム

実消化管理システム
ビジネス・インテリジェンスシステム|BI

 

市販直後調査

概要

医薬品は治験、臨床試験などを終了して販売されますが、販売されるにいたっては、試験している人とは異なった人たちに処方されることもあって、想定していない事象が出る場合があります。それをいち早く察知して、もし問題があれば、その医薬品の使用を取りやめるなどの対策が実施されます。この市販直後調査は非常に緊急性を求められる業務ですから、IT技術に頼ることが多くなります。

業務
関連システム

市販直後調査管理システム

品質情報|苦情収集

概要

自社製品の品質情報を収集し、その現場に向かい、製品を回収して、品質保証部門への連携、報告を行います。

業務
関連システム

品質管理報告システム
品質保証イベント管理システム

 

関連団体

公益財団法人 MR認定センター|サイト
一般財団法人 日本製薬医学会|サイト